就労継続支援B型事業所スマイルガーデン(神奈川県横浜市)

「おいしい」の声が働く喜びにつながる。一流パティシエのレシピでこだわりのお菓子づくり。

取り組み・活動

1私たちの思い笑顔溢れる職場を目指して

スマイルガーデンは、2011年に就労継続支援B型事業所として開設しました。主な仕事は洋菓子の製造・販売です。10代から50代の知的障害を抱える方約20名が働いています。

利用者のみなさんは、未経験のことや苦手なことにも積極的にチャレンジしたり、催事や販売会で売上が上がるように明るい笑顔でお客様へお声がけしたりと、前向きに仕事に取り組んでいます。事業所を見学された方から、「楽しそうに働いていますね」と、よく言われることが自慢のひとつ。誰もがやりがいを感じながら主体的に働ける場所でありたいと考えています。

目標は、全国の就労継続支援B型事業所の平均工賃の2倍である「月3万円」以上の工賃を実現すること。利用者の生活の質や幸福度を少しでも上げようと、日々奮闘しています。

2こだわりの商品一流パティシエと同じ材料・機材でつくる本格焼菓子

私たちがつくる洋菓子の多くは、海外の洋菓子コンクールで数々の受賞歴・国際審査員経験を持たれている一流パティシエよりレシピを提供していただいたものです。材料やオーブンなどの機材も一流パティシエと同じものを使用するなど、とことんこだわっています。

商品ラインナップは、しっとりとしたバターのコクに、アーモンドのフレーバーで味に奥行きを加えた「横浜フリアン」、ひと口ごとに爽やかなレモンと香ばしいアーモンドの風味が広がる「マドレーヌ」、素朴で優しい食感の「プレーンクッキー」など。

計量、生地づくり、成形・絞り、焼き、袋詰めと、全行程を利用者さんが行い、職員が確認・補助しています。一人ひとりの得手不得手や作業スピードを考慮し、商品ごとに担当を決めてつくっています。

丁寧につくった本格焼菓子をぜひご賞味いただけると幸いです。

3寄付金の使い道心から「おいしい」と思ってもらえるお菓子をつくりたい

スマイルガーデンでは、本当に「おいしい」と思って買っていただける商品づくりを大事にしています。「おいしい」と言ってもらえることが、働く喜びややりがいにつながるからです。

目下の目標は、「横浜の障害者パティシエがつくる横浜みやげ」をつくること。いただいた寄付金は、商品開発費、パッケージ製作費、機材の追加購入費に充てたいと考えています。

また、スマイルガーデンの認知度を上げるためのオリジナル手提げ袋作成、販路を拡大するためのネットショップ出店も計画中です。そのための製造費や出店料・広告費も必要としています。

スマイルガーデンは開設一年の若い事業所で、まだまだ多くの人に知っていただける余地があります。たくさんの方に喜ばれるお菓子を届けられるように、さまざまなアイデアや企画を考え仕掛けていきたいと思っています。

(2017年12月公開)

詳細情報

施設名 就労継続支援B型事業所スマイルガーデン
所在地 〒245-0053 神奈川県横浜市戸塚区上矢部町143 東建ニューハイツ1階
電話番号 045-435-5701
営業日・営業時間 月~金(祝日は除く) 10:00~17:00(施設は9:00~16:00稼働)
URL http://www.smileoneinc.com/smilegarden.html
寄付金控除の適用対象 [所得税] 対象外 [住民税] 対象外
寄付方法 銀行振込(横浜銀行)
返礼品の発送時期 当月5日までの寄付金振り込み分を当月15日までに、当月25日までの寄付金振り込み分を翌月1日までに発送
運営団体 株式会社スマイルワン
運営団体所在地 〒241-0836 神奈川県横浜市旭区万騎が原145-11(本社)
〒245-0052 神奈川県横浜市戸塚区秋葉町326番地 湘南ビル3F(事務所)

(2017年12月公開)

Google+はてなブックマークLINE